YAMAZAKI KENTARO DESIGN WORKSHOP

BACK

未完の住まい

Unfinished house

柏 / 住宅

Kashiwa / House

暮らしながら必要な器が変わっていくことは、設計をするうえでは厄介なことだが、生活することの楽しみを持ち続けることでもある。ご主人の職業柄収納しきれない洋服と、奥様の趣味であるキッチン雑貨、パン作り機器、ミシン。この先も彼らの居住空間は人生を楽しくさせてくれるモノで満たされてゆく。また、新しい家族も長い設計期間の間に誕生した。これからも家族がふえることは、二人にとっては人生の喜びであるに違いない。

計画された住宅が、この家族の未来をなるべく規定せずに、増えていく趣味のモノや家族を柔軟に受け入れられる住まいが望ましいと考えた。建物の構成は、2層からなる4つあるコの字の箱が集まり、中央に生活の中心となる大きなスペースをつくっている。箱の1層目はそれぞれキッチン、寝室、水廻り、作業スペースと生活のインフラ機能をあて、2層目はなにも手を加えないスペースとした。この先増えていくモノに合わせて自分たちで収納をつくったり、衣装部屋にしたり、あるいは子供部屋にしたりできる余白としている。特に子供部屋のしつらえは今から先回りして決めない方がよいと考えている。
箱部分についてはキッチンや浴室などが収まる必要最低限の広さを910モデュールで構成している。この部分は部屋としてではなく、設備スペースとしてとらえ、生活の中心は、4つの箱が集まった吹き抜け部分である。ここは910モデュールにとらわれずに、隣地の窓との関係や空が見える角度、キッチンから将来、子供部屋になった場合のスペースが見えるなどの要因から箱の角度や位置を決定していった。 クライアントとの長い対話から生まれたこの住宅が、この家族の暮らしにそっと寄り添うような器であってほしいと思っている。
A “container” that changes as you design and live in it, and design it, on top of the challenge of living in such a house must continue to give you the pleasure of living there. Clothes, kitchen goods and other things related to their hobbies can be freely placed, and their living space can be filled with things that promote enjoyment and happiness in their lives.
During the design stage, a new addition to their family arrived to add to the enjoyment of their home.
Without defining or limiting the future possibilities of this family, we designed a house that allows for flexibility within their daily lives, such as hobbies and family.
The construction of the building is made by forming 4 boxes, each box divided into 2 layers around a central space which acts as the hub of the home in which the family gathers.
The first layer of each box functions as the kitchen, bedroom, plumbing area, and work space.
The second layer has intentionally been left blank so the areas can create space suitable for their increasing hobbies, or wardrobes or a children’s room.
Particularly the children’s room should be left up to the child to design.
Each space meets the minimum size required for the designated function, such as the kitchen and bathroom, by 910 modules. They act as not rooms but function spaces and the central hub is an open ceiling space where the 4 boxes, each with a function contributing to their daily lives are gathered around this central space. Without limiting it to 910 modules, I positioned the angle of the central space and boxes so that from all windows the view is of trees or the sky, not the neighbouring house or their windows. Also the angle between the kitchen and adjacent boxes on both layers allows a clear view from the kitchen to the box, especially in the event that the box is used as a children’s room.
This house, born of long, fruitful discussions with the client creates a space where I hope the family and the building itself can grow close together.
所在地

千葉県柏市

敷地面積

70.32 m2

延床面積

107.63 m2

プログラム

住宅

構造

木造

階数

地上2階

構造設計 ASD / 田畠 隆志、田畑 孝幸
撮影 黒住 直臣
Location

Kashiwa-shi, Chiba, JAPAN

Site Area

70.32 sqm

Floor Area

107.63 sqm

Principle use

House

Structure

Wooden construction

Story

2F

Structural Design ASD / Ryuji Tabata, Takayuki Tabata
Photo Naoomi Kurozumi