YAMAZAKI KENTARO DESIGN WORKSHOP

BACK

溜池山王のオフィス

Office in Tameikesanno

溜池山王 / オフィス

Tameikesanno / Office

暗黙知の共有、表出、その融合。創造的なアイディアは、このように生まれるという。そのためには、業務効率はもちろん、「人間」が本能的に求める場所のデザインが必要である。

ここは、アプリケーションソフト開発会社のオフィス。このオフィスの役割は、現在個々の拠点で仕事をしている社員が集まってアイディアを生み出すための場所である。一人一人がデスクでPCに向かっていても、社員みんなが空間を共有できる親密さをもった空間が求められた。

黒と白に塗り分けた壁が、折れ曲がりながら空間をつくる。部屋全体を貫く、壁にあけられた大きな開口。その下端の高さをすべてデスク天板と合わせることで、深さ700mmの湯船に見立てた。どこに座っていても同じお湯に浸かっているような感覚が生まれるのではないかと考えた。
Creating ideas is a result of the process of sharing tacit knowledge, expressing it, and fusing it. Therefore, the workplace would require a place where human beings instinctively want to be, in addition to business efficiency.

In the project, we were required to design an office space for the client whose service is to develop new application software. The members of staff who work in their own space come together in this space, creating new ideas for their product here. We wanted to foster an atmosphere of close friendship, even though each of them sits at their own desk. A wall separates one space into two?one side is painted white, the other side is done in black, and it has a large opening through the center. The lower edge of the opening meets all of the uniform desks’ heights, 700 mm. We compared it to a bathtub with a depth of 700 mm. We were wondering if it would bring to mind the image of soaking in the same bathtub.
所在地

東京都港区

延床面積

105.6m2

プログラム

オフィス

撮影 小出 直穂子
Location

Minato-ku, Tokyo, JAPAN

Floor Area

105.6 sqm

Principle use

Office

Photo Nahoko Koide