YAMAZAKI KENTARO DESIGN WORKSHOP

BACK

下北沢のオフィス

Office in Shimokitazawa

下北沢 / オフィス

Shimokitazawa / Office

創造性を喚起する場所とは何か?

クライアントと議論する中で、オフィスには二つのスペースをつくるのが望ましく思えた。個人がアイディアやデザインを創造・発見する巣箱的スペースと、それを展開・表出・共有化させるための広場的スペースである。

ワーカーは、この二つのスペースを自由に行き来し、自然と人が集まり、議論が生まれ、アイディアを練りたくなる、そんな場所が目指した。その状況を生み出すために、大小さまざまな開口をもった襞状の壁を一枚挿入した。壁は2つのスペースを境に、でっこみ・ひっこみを繰り返しそれぞれ異なる性格を持った場所をつくり出した。

下北沢にあるこのオフィスの広場的スペースは、自然と街のもつ独特の熱気や感性を引き込む場所でもある。イベントやギャラリーなど、フレキシブルな使い方ができる空間となった。
How does a place stimulate the senses?

We propose two spaces in the office as a result of discussion with the client. One space is for individuals who create brilliant and innovative ideas and designs. The other space is kind of like a plaza where workers share, express, and develop those ideas and designs.

We aim for space where workers get together, generating discussion among themselves naturally. To create such a situation, we propose one wall which has several convex and concave openings. It separates individual space and plaza space.

In addition, this plaza space is a place which brings in the peculiar character of Simokitazawa, one of the cultural towns in Tokyo. So it is flexible in function; workers may use it for events or gallery exhibitions.
所在地

東京都世田谷区

延床面積

216 m2

プログラム

オフィス

撮影 小出 直穂子
Location

Setagaya-ku, Tokyo, JAPAN

Floor Area

216 sqm

Principle use

Office

Photo Nahoko Koide