YAMAZAKI KENTARO DESIGN WORKSHOP

BACK

ビジョンパーク

Vision Park

神戸 / 病院

Kobe / Hospital

病院に、遊びに行こう。

ビジョンパークは、診療から研究・治療、臨床応用・リハビリまで行う神戸アイセンターのエントランスであり、公園のように様々な人々が行き交う場所として構想された。
ここで求められるものは、目に障がいのある人々が一人ではないことを実感でき、生きることに勇気を持てるような空間である。そこには、安全に楽しむための段差によって空間が規定され、目的を持った場所のみに誘導する手すりや、段差を知らせる点字ブロックはない。ここは、目に障害を持った方々がただ守られるのではなく、また病院がリスクヘッジに注力しすぎることもない。目に障害を持った人々が、自らの身体を活かして、のびのびと空間を楽しむ場所として設計をしている。

設計に際して、「目に障がいのある人の方が楽しめる空間」を目指すための試みとして、視覚に頼らずに空間を認知できるレイヤーを複数重ねた。一繋がりの家具を空間全体に巡らせ、見えない中心を生み出すこと。硬さや柔らかさの違うマテリアルを選び足裏で変化を感じ取ること。色の違いを使って、薄目で見ても領域の境が感じられる床を作ること。これらの、目に障がいを持った人の身体が拡張するような工夫を行った。見えないレイヤーの重なりは、振る舞いを見出すための地形のようなものであり、「思い思い」、「惚ける」、「打ち込む」といった様々な『居方』を生み出している。
A Day Out at a Hospital.

Vision Park is located in the entrance of the Kobe Eye Center which conducts medical examinations, clinical research and treatment as well as clinical application and rehabilitation. It was conceived as a place where various people can come and go like a local park.It strives to give people with visual impairments the reassurance that they are not alone and to instill them with the courage to face life head-on. The space is designated by steps for safe enjoyment. Within the space, there are no guiding handrails nor tactile flooring indicating steps or obstacles. Here, people with visual impairments can enjoy themselves freely in a space that was designed not necessarily to minimize risk but rather to allow them to challenge themselves and explore new possibilities..
In aiming to design a space for the visually-impaired to enjoy, we implemented a series of layers that can help one orient themselves without relying on sight.In addition, we devised ways for the visually impaired to expand the use of their bodies such as laying out the furniture in such a way that it leads to an invisible center in the space, using different materials to vary the hardness and softness of the floor allowing the occupants to feel their way around with the bottoms of their feet, as well as using different colors to allow those with low eyesight to recognize the boundaries. This overlap of invisible layers becomes the terrain for the occupants to discover behaviors such as being themselves, immersing themselves, or daydreaming.
所在地

兵庫県神戸市

延床面積

512m2

プログラム

病院

プロデューサー 高橋 政代
ディレクター 三宅 琢
家具デザイン 藤森泰司アトリエ / 藤森 泰司
ブックディレクション BACH / 幅 充孝
   
神戸アイセンター設計 日本設計
   
撮影 千葉 正人
Location

Kobe-shi, Hyogo, Japan

Floor Area

512 sqm

Principle use

Hospital

Producer Masayo Takahashi
Director Taku Miyake
Furniture Design TAIJI FUJIMORI ATELIER / Taiji Fujimori
Book Direction BACH / Yoshitaka Haba
   
Design of Kobe Eye Center NIHON SEKKEI
   
Photo Masato Chiba